LINE広告から実店舗への来店計測する方法をテスト | LINE公式アカウント アーバンプロジェクト ご案内サイト
快適なアクセスに向けて、当サイトのAMP対応を行っております。一部表示が崩れている可能性がございます。ご了承くださいませ。

LINE広告から実店舗への来店計測する方法をテスト

※こちらは検証ページです。動作・結果は補償いたしかねます。

LINE広告で来店計測を行う方法を模索

LINE広告は実店舗と親和性が高い

LINE広告は半径3㎞指定で広告配信を行うことや市区群を選択した配信が可能です。

LINE公式アカウントに友だち追加も可能なキャンペーンも行えますので、実店舗・企業のキャンペーンにも大変有効です。

ブラウザへのディスプレイ広告や検索型広告では拾えないユーザーにアプローチできるのも魅力です。

ただ現在は、GPSなどの情報を利用した来店計測・推定数値などは取得できない仕様となっております。

何らかの方法でユーザーが広告を見て、来店につながったというカウントをとれる方法を検証してみます。

 

大前提

・LINE広告はスマホ、タブレットのLINEアプリ内と提携スマホアプリへの広告表示となる為、スマートホンにのみ配信される。

・広告表示ユーザーはLINEユーザーでもある。

・複数店舗で各店舗LINE公式アカウントに紐づけた場合は、広告アカウントも店舗数分必要となり、広告予算も店舗ごとに振り分ける必要があります。

・LINE広告配信時の紐づけLINE公式アカウントは単発の未認証アカウントでも出稿可能

・広告から友だち追加した友だちにのみ、あいさつメッセージを変えることはできませんが、ステップ配信で友だち追加後1日後以降にメッセージでクーポンを発行することなどは可能。

 

パターン①

 

パターン②

 

パターン③

 

パターン④

 

 

参考

LINE Sosial Plugins(公式)
LINE Social Plugins
LINEへのシェアや友だち追加がボタン一つで

 

LINE URLスキーム
LINE URLスキームでLINEの機能を使う
LINE URLスキームを使って、ユーザーに特定のコンテンツを開いたり特定の動作を実行したりさせることができます。URLスキームは、iOSまたはAndroid版のLINEでサポートされます。Webアプリ、モバイルアプリ、またはボットアプリでURLスキームを利用できます。